アクセサリー




ノバク・ジョコビッチ、USオープン決勝後もATPランキングはトップを維持

September 10th, 2013

HEAD racquet rebelのノバク・ジョコビッチは、ラファエル・ナダルとのUSオープン・ファイナル後も世界No.1の座を維持します。YouTek™ Graphene Speedを愛用するセルビア人は、ニューヨークで4度目の決勝進出を果たしチャンスをつかんでいたが、最大のライバルの1人に2-6, 6-3, 4-6, 1-6で惜敗しました。

年初のオーストラリアン・オープンで勝利したジョコビッチは、今シーズン4回のうち3回グランドスラムの決勝に勝ち上がった。残念な結果に落胆しながらも、最高のHEADプレイヤーとしてこう言った。“USオープン決勝と今日の終わりは、受け入れなくてはいけないね。たとえこの試合にどれほど勝ちたかったとしてもね。だけど今日の試合では、ラファはまちがいなく僕より良いテニスをしたし、勝利を得るのにふさわしい内容だったと思うよ。”

HEADプレイヤーのYouTek™ IG Extremeを愛用するリシャール・ガスケは、自身2度目となるセミ・ファイナルへと駒を進め、ナダルと対戦しました。このフランス人は、今シーズンのモンペリエとドーハでATPタイトルを獲得しています。
今回、HEADチームは、ニューヨークの大舞台では良い結果を残せていませんでしたが、ダブルスのチャンピオンシップに、ラデク・ステパネクとリーンダー・パエス(共にYouTek™ Graphene Speedを使用)が参戦。彼らは2012年1月のオーストラリアン・オープンの優勝から2シーズン目に2度目となる最高のタイトルを獲得しました。準決勝でトップシードのブライアン兄弟をくだし、 アレクサンダー・ペヤとブルーノ・ソアレスとの決勝を見事6-1, 6-3のスコアで勝利しました。

また、ガールズ・シングル(USオープン Jr.)では、アメリカン旋風を巻き起こしているアリシア・ブラックが決勝に進出し、クロアチアの Ana Konjuhと対戦。3-6, 6-4, 7-6のスコアで逆転勝利し、彼女の将来はより明るいものとなりました。15歳の黒人プレイヤーの彼女は、セカンドセットで足にけがを負ったものの、最後まで試合を捨てずに偉業を成し遂げました。

車いす・クワッド・シングルスでは、HEADのデビット・ワグナー(アメリカ)がルーカス・シソーレ(南アフリカ)と決勝で対戦し、準優勝に輝きました。ワグナーは、2010と2011年のUSオープンで、2度の同タイトルを獲得しています。土曜日には、ワグナーと彼のパートナーのニック・テイラーは、彼ら自身5度目となるUSオープンの車いす・クワッド・ダブルスで優勝を飾っています


Close